鯉のぼり寒ざらし

 毎年、大寒の日に郡上八幡の清流、吉田川で「鯉のぼりの寒ざらし」が行われます。

 郡上本染めのもう一つの手法である「カチン染め」により染め上げた鯉のぼりの糊を洗い落としながら冷たい川の水に晒す事により、生地をひき締め、鮮やかな色彩 を実現します。

 

 江戸時代から続く寒ざらしは、子供達の健やかな成長を願う行事であると共に冬の風物詩として知られ、県内外からもたくさんの方々が参加されています。

鯉のぼりの詳細・御注文についてはこちらへ!!